ぬこ易占い

iPhoneアプリ「ぬこ易占い」をリリースしました!
(って昨年暮れの事なんですが…年末忙しくてブログの更新できず…今頃ご報告です…)

易経をもとに、ヒト用とぬこ用の占いが出来ます。
易経は陰と陽の組合せから、8種類(天、沢、火、雷、風、水、山、地)の卦を構成し、さらにそれら(上卦・下卦)を組み合わせて64種類の卦ができます。
(本当はその先にもっと深いところがあるのですが…)

とにかく結果は64通り、それぞれにヒト用と猫用の結果を準備したので、それをNSArrayに格納し、さらに64個のNSArrayをNSArrayに格納と、多次元配列の考え方で結果データを準備しました。

肉球画像をタップするたびにランダムに0か1を発生させ、それを8回繰り返した結果から、該当する占い結果をNSArrayから表示します。

開発中に何度もiPhoneで占いを繰り返していると、なんだかだんだんiPhoneの挙動がモッサリしてきました。なんだろう…これってもしかしてメモリリークとか…?

たしかInstrumentsとかで調べるんだよな…あれっ?どこだ…Xcode4.2になってInstrumentsがどこを探しても見つかりません、やっとのことでProduct→Profileを選びInstrumentsが起動されLeaksを選ぶと、まさしくメモりリークが発生していました!
ネットの画像等で見た事はありましたが、今まで体験した事がなかったので、Leaksのグラフが伸びるのが面白く、何度も占いを繰り返してみました…(^_^;)
さて、何かをreleaseし忘れだと調べると、占い結果のNSArrayをreleaseし忘れていたので、releaseを追加して無事解決しました。

今回、猫の鳴き声を出すためにAudioServicesPlaySystemSoundで効果音を鳴らしていたのですが、iPod touchでテストした同僚が、本体のボリュームを0にしても音が鳴ってしまうことに気付きました。iPhoneだと本体のボリュームに応じて効果音が小さくなるのですが、ネットを調べても短い効果音ならAudioServicesPlaySystemSoundを使えと出て来ます。
AudioServicesPlayAlertSoundも試した見ましたが、結果は同じ、iPod touchでは効果音が消せません。
AVAudioPlayerを使って鳴らしてみると、iPod touchでもボリュームを絞れるようになりました。でも、この方法だとバックグラウンドで音楽を聴いている時に効果音を鳴らすと、音楽が止まってしまいます。音楽を聴きながらiPhoneでゲームをしていて、音楽が止まってしまうとがっくり来ていたので、私的には嫌だったのですが、iPod touch所有の同僚が「絶対にiPod touchでボリュームが絞れないといやだ!」と主張するので、仕方なくこの方法を採用しました。
この辺、詳しい方、ご教授いただけないでしょうか。

肉球タップは猫の手でも可能です。
サポートページに動画もアップしてありますので、ご覧ください!

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*


Advertisement