Boot Camp Windows 8.1

iPhoneアプリ開発とは直接関係ありませんが、

デスクトップで未だに Win XP 使用中のまま、Win 8.1 が必要になったので表題にチャレンジ、
という程の事無く、あっさり完了します。

Parallels Desktop 等の仮想マシンでWin動かすのが使い勝手は良さそうですが、
MacOSがアップデートする度に、仮想用ソフトもアップデート料金取られるのも嫌だし、
仮想マシンでは、グラフィック性能が発揮できないという噂も聞いて、
とりあえず素直にBoot Campです。

- – - – - – - – - -
以下作業時のメモ

・準備したもの

0) MacBook Pro (2011 Late)
1) Windows 8.1 製品DVD
2) USBメモリ 16GB ... 8GBでOK

(Win 8.1 はDSP版と300円しか違わなかったので、新規ノーマル品を購入しましたが、
 今、Amazonを再確認すると500円値下がりしてDSP版より安くなってました。)

※作業の前に、タイムマシンでバックアップしておきましょう。

Boot Camp の最初に3つのチェックボックスで作業が始まるようです、

– Windows 7 またはそれ以降のバージョンのインストールディスクを作成
– 最新の Windows サポートソフトウェアを Apple からダウンロード –> USB
– Windows 7 またはそれ以降のパーティションをインストール <– DVD

というのは、私のMacBook ProはDVDドライブ内臓版なので、
下2つしかチェックボックスが現れません、ISO作成不要でした。

USBメモリは最初から挿しとけばOKです。
WinインストールDVDは、要求出てからで良いと思います。

・インストール先のパーティションを選ぶ画面で、
 インストール処理を進める「次へ」の前に、
 パーティションの「フォーマット」選択が必要なようです。

それ以外には迷うところ無く、およそ1時間少しで作業完了です。

※Mac OS からは、Finderで Windowsパーティションが見えるのですが、
 Win 8.1からは、エクスプローラで、Mac OS パーティションが見えませんでした。
 私だけでは無い様なので、現状のYosemiteはとりあえず我慢なのかも。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*


Advertisement