「日本と世界の国々」リリース

iTunes :日本と世界の国々

いろんな世界の国情報ランキングなど照会するアプリです。
データの整理に時間が掛かってグズグズしてしまいましたが、ようやくリリースです。
どうぞお試し下さい。

Boot Camp Windows 8.1

iPhoneアプリ開発とは直接関係ありませんが、

デスクトップで未だに Win XP 使用中のまま、Win 8.1 が必要になったので表題にチャレンジ、
という程の事無く、あっさり完了します。

Parallels Desktop 等の仮想マシンでWin動かすのが使い勝手は良さそうですが、
MacOSがアップデートする度に、仮想用ソフトもアップデート料金取られるのも嫌だし、
仮想マシンでは、グラフィック性能が発揮できないという噂も聞いて、
とりあえず素直にBoot Campです。

- – - – - – - – - -
以下作業時のメモ

・準備したもの

0) MacBook Pro (2011 Late)
1) Windows 8.1 製品DVD
2) USBメモリ 16GB ... 8GBでOK

(Win 8.1 はDSP版と300円しか違わなかったので、新規ノーマル品を購入しましたが、
 今、Amazonを再確認すると500円値下がりしてDSP版より安くなってました。)

※作業の前に、タイムマシンでバックアップしておきましょう。

Boot Camp の最初に3つのチェックボックスで作業が始まるようです、

– Windows 7 またはそれ以降のバージョンのインストールディスクを作成
– 最新の Windows サポートソフトウェアを Apple からダウンロード –> USB
– Windows 7 またはそれ以降のパーティションをインストール <– DVD

というのは、私のMacBook ProはDVDドライブ内臓版なので、
下2つしかチェックボックスが現れません、ISO作成不要でした。

USBメモリは最初から挿しとけばOKです。
WinインストールDVDは、要求出てからで良いと思います。

・インストール先のパーティションを選ぶ画面で、
 インストール処理を進める「次へ」の前に、
 パーティションの「フォーマット」選択が必要なようです。

それ以外には迷うところ無く、およそ1時間少しで作業完了です。

※Mac OS からは、Finderで Windowsパーティションが見えるのですが、
 Win 8.1からは、エクスプローラで、Mac OS パーティションが見えませんでした。
 私だけでは無い様なので、現状のYosemiteはとりあえず我慢なのかも。

「馬ナライザー/競馬統計分析」リリース

iTunes : 馬ナライザー

過去レースの統計情報を分析照会するアプリです。
簡単な作りなのですが、沢山の項目やフラグを捌くのに手間取りました。
傾向を気にすると、却って馬券は外れると思いますが、小ネタとして楽しんで頂ければと思います。
どうぞお試し下さい。

/usr/bin/codesign failed with exit code 1

キーチェーンの証明書(Certificate)更新時のエラー

xxxxxxxxxxxxxxxxxxx: no identity found
/usr/bin/codesign failed with exit code 1

XcodeやApple Developperのインタフェースや仕様がちょくちょく変わってるのも悩ましいですが

今回の上記エラーでの解決メモ。
・キーチェーンで証明書(Certificate)の古いのを削除する、のですが

これ以外に、Xcode側でもクリアしないといけませんでした。
- – - – -
Xcode > Preferences > Accounts > View Details の画面 左下の更新で最新化
その後で、勿論正しいProvisioningFileをセットします

英文の参考サイトは、こちら

http://stackoverflow.com/questions/26376166/e79cddb501b68e74ddf03ea4e75246a7fdf010d0-no-identity-found-command-usr-bin-cod

http://www.gamefromscratch.com/post/2014/10/06/Xcode-61-upgrade-killed-my-ability-to-sign-iOS-apps-And-how-I-fixed-it.aspx

ちなみに、実機テストでは、iPhone端末でも(設定から)古いプロファイルを削除しとかないとダメかも知れません。

「ゼロへ…」新規リリース

iTunes : ゼロへ

今更ながら、数字タップ脳トレです。
はじめてのiPhoneアプリのような出来栄えですが、
元々作ろうとしてたアプリが途中で方向性が訳分からなくなって、いっそ切り出して派生させたアプリです。
どうぞお試し下さい。

iOS 8 対応

自業自得なのですが、今回のiOS upでアプリが動かなくなってしまいました、

1. iOS 8 対応は、Xcode 6 が必要なのでUpgradeする

2. Xcode 6 は、32bit 混在無理そうなので アプリを完全64bit対応にする

3. 64bit 対応されてない広告屋さんを、仕方なく取り除く

4. iOS 8 でのエラー修正する

1) UILabelにUILabelをaddViewしていて表示が潰れる
– UIView のつもりで UILabel と記述間違いしててもiOS 7 までは表示OKだった

2) PickerをactionSeetで表示しているとアプリが固まる
– 画面下から、スッと上がってくるのがカッコ良かった方式がアウト

3) 数値マスクを+/-混合してると、数値編集されない
– [fmt setPositiveFormat:@"#,##0.0;0.0;-#,##0.0"] と書いててもiOS 7 まではOKだった

4) UIAlertView はとりあえず title = nil -> @”" にする

5. Appleに申請するも、混雑時期らしく10日以上、レビュー待ち
 (通常は 3日〜1週間くらい、早い時は翌日)

6. メールや評価で動かないと言われつつ、ようやくリリースされ始める

7. 広告屋さんがようやく64bit対応したので、広告APIをまた戻す … いまココ。

「馬Q~競馬クイズ」新規リリース

過去26年の重賞レースの勝ち馬を当てる(思い出す)クイズです。

iTunes : 馬Q〜競馬クイズ

一度「余計なデータを /Documents以下に置くな」ガイダンスを理由に申請却下されました、
2.23 We found that your app does not follow the iOS Data Storage Guidelines, which is required per the App Store Review Guidelines.

一応「このデータは、ユーザが更新重ねて行くデータだからバックアップ対象にするべきなんだよ」と陳情してみたものの響かず、
結局 sqlite3 DBを2つにして、/Documents と /tmp にTable分けて持つ事で、Documents容量を減らして対応しました。

どうぞご利用下さい。

UILabel 角丸 setMasksToBounds iOS7.1

検索しても、意外に日本語ページで見当たらなかったでメモ。

UILabel を角丸にするなら、こんな風にすれば良いのだけれど、

[[lblAAA layer] setCornerRadius:6.0f];
[[lblAAA layer] setMasksToBounds:YES];

実は、iOS 7.0以下の場合、[ setMasksToBounds:YES ] が無くてもOKにしてくれてて、
その場合、iOS 7.1 にUPした途端、backgroundColor が四角になってしまうという...

昨日、ようやくiOS 7.1環境にして気が付きました。

日本には、そんなアホは居ないという事なんですな。

「鉄道・旅メモ」新規リリース

折角データが使えるので作ってみました「鉄道・旅メモ」です。
初MAPは問題なかったものの、データの読み方が行き当たりばったり過ぎだなと反省です。
といっても、もう整理し直す事はしないだろうなと思いつつ、
無料ですので、どうぞご利用下さい。

iTunes : 鉄道・旅メモ

新規iPhoneアプリ「To Do Task List」リリース

To Do やる事リマインダーのiPhoneアプリをリリースしました。
iTunes : To Do Task List

以前から「作ってみようかな」と思いながらも、既に市場に山ほど有るので尻込みしてましたが、
最近になって、実際に自分の予定覚書きとして良いアプリを選んで使ってるうちに、
いっそもっと自分用に自分が使い易い形で作ってしまおうと思って作りました。

殆どが、開発済みの既存アプリからのコピペで完成、ツールバー部を動的可変にする箇所と、日付の扱いをちょっと考えたくらいなのですが、
その日付、年・月跨がりを考慮しない只の8桁の数値演算してたという一年生プログラマの様な不始末に気付き、慌ててVer.Upしました。
月末に間に合って良かったな、と。

あと、今回は初めてメインアイコンをプロの方にお願いしたので奇麗です。

まあ、なかなかダウンロードされる、人目に触れる機会に持ってけないのが苦しい所ですが、どうぞお試し下さい。