次世代の開発環境、Xcode4速攻レビュー!

サルでき.jp > 11.サルにもできるiPhoneアプリの作り方(旧アメブロ記事) > 次世代の開発環境、Xcode4速攻レビュー!

2011/03/10 09:00 投稿先 11.サルにもできるiPhoneアプリの作り方(旧アメブロ記事) 投稿者 カワサキ タカシ

ックトゥー初心。

はい、そういうわけでございまして。
iOS4.3が正式にリリースされたことで軽めに盛り上がっているiPhone界隈ですが。

そのインパクトをふっ飛ばしてしまうくらい重要なアナウンスが
我々開発者に対して行われました。

こちらです。
次世代の開発環境、Xcode4速攻レビュー!
http://developer.apple.com/jp/technologies/tools/whats-new.html

Xcode4
いよいよ出撃でございます。

ワタシがこのブログを書き始めてからかれこれ1年半以上経ちますが、
その間開発環境はずっとXcode3でした。
Xcodeのかんたん取扱説明書

それがXcode4へ。
WordやExcelですらバージョンが上がると使い勝手がガクンと変わってしまうのに。
複雑の極み、開発環境です。もうどうなることやらです。

恐る恐るデブ専にアクセスしてみると。
次世代の開発環境、Xcode4速攻レビュー!

ああ、ありますね。
っていうか、既にXcode3がリンクの彼方に飛ばされています。

念のためポチっと。
次世代の開発環境、Xcode4速攻レビュー!
もうすっかりご隠居の雰囲気。

みなさまも薄々気付いているとは思いますが、
アップルさんの場合、

バンジージャンプを用意して
「飛ぶ?飛ばない?」みたいな聞き方はしません。

台に登ったら既にハシゴは外されていて、
「今飛ぶ?10秒後に飛ぶ?」と聞かれます。

今回もそう。
今日から開発者はすべてXcode4使用が前提になっているわけです。

ワタシにも開発真っ最中のプロジェクトがありますが。
仕方がありません。今飛びます。
次世代の開発環境、Xcode4速攻レビュー!
ピョーンと。

次世代の開発環境、Xcode4速攻レビュー!
ダウンロード中。。。

完了→パッケージをダブルクリック
次世代の開発環境、Xcode4速攻レビュー!
Xcode4は10GBくらい容量を食うみたいです。

続ける、と。

次世代の開発環境、Xcode4速攻レビュー!
ああ、もう戻れない楽しかった日々。

インストール完了。
次世代の開発環境、Xcode4速攻レビュー!
必要以上にデカイ緑色のチェックマークがガラスのハートを貫きます。

行きましょうか。
止めておきましょうか。
明日でいいですか。今日はビールでも飲んで寝ましy。

ポチっと。
次世代の開発環境、Xcode4速攻レビュー!
Xcode4、起動!

…思ったほど変化ないですね。
アイコンがちょっと深みを増した、くらい。

表示が英語、くらい。
あいたたたた。

とりえあず適当にプロジェクトを作ってみましょうか。
次世代の開発環境、Xcode4速攻レビュー!
テンプレを選んで、と。

次世代の開発環境、Xcode4速攻レビュー!
テスト、と。

あれ。
Identifierを書かせるようになりましたね。
「ちゃんと意識せい」ってことなんでしょうか。

<宣伝>
あ、Identifierがよくわからない人は、
ウチの本(サルにもできるiPhone同人誌の創り方:飛鳥新社)がオススメです。
</宣伝>

保存場所決めて、先に進むと、、、
次世代の開発環境、Xcode4速攻レビュー!
何コレ?

とりあえずパッと見iTunesっぽい雰囲気になりましたね。
おまけにグラフィカル。
ローテーションサポートの方向とか決められちゃったりして。

ちょいっとタブを移動すると、
次世代の開発環境、Xcode4速攻レビュー!
キレイに整えたように見せかけたリスト登場。
コレは、、、プロジェクトの設定みたいですね。

次世代の開発環境、Xcode4速攻レビュー!
こっちはinfo.plistみたい。

早くも気分がゲンナリしてきましたので、
メインビューを見に行きましょう。

左側のリストから、ポチっと。
次世代の開発環境、Xcode4速攻レビュー!
うわー、ゴチャゴチャー。

Xcode4の最大のウリは、
XcodeとInterfaceBuilderの融合のようでして。

次世代の開発環境、Xcode4速攻レビュー!
こんな感じに。

Xcodeのリストの中で、
クラスファイルを選択するとテキストエディタが、
xibファイルを選択するとInterfaceBuilderエディタが表示されます。

そのおかげで。
初期状態だと機能が溢れていて、必要以上に画面がゴチャゴチャしています。

それを調整するのがコレ。
次世代の開発環境、Xcode4速攻レビュー!
画面右上にあるビューやエディターの表示形式選択ボタンです。

ワタシが試した感じでは、
13インチのMBPでは右や下のバーを出すと、コードが見渡せなくて邪魔になります。
27インチのモニターくらいになると全部出しでOK。
っていうかまとまっている分Xcode3より見やすいです。

デカイディスプレイを使えと。
海の向こうでアップルさんは申しております。

この流れで、
エディターのところにある新機能を2つほど紹介しておきましょう。

Version Editor
次世代の開発環境、Xcode4速攻レビュー!

変更管理機能ですね。

どのくらいの量保持してくれるのかは調べていませんが、
変更をバージョンごとに持っていてくれるようです。
タイムマシンのXcode版って感じの見た目と動きになっています。

Fix-it
次世代の開発環境、Xcode4速攻レビュー!

こちらはエラーチェック機能です。

Xcode4、エラくなったなーと思うところは、
ビルドしなくてもエラーを表示してくれるところだったりします。
おまけに、軽めのミスは画面のように正解を教えてくれたりして。

あまり過度な期待はしちゃいけない類の機能だと思いますし、
Xcode側から都度都度書き方を強制されるのは若干欝陶しい気もしますが、
(一区切りつくまでエラーチェックしないでよー、的な)

書き間違えは確実に減りますので、助かりますね。

ちなみに一番右上のボタンから、オーガナイザが起動できるようになりました。
次世代の開発環境、Xcode4速攻レビュー!
オーガナイザもちょっとだけ見た目変更。


いかがでしたか?
Xcode4。

正直、ここまで変わってしまうとキツイって言えばキツイです。
仕掛り中のアプリがある場合は、
せめて日本語版が出てくるまで待ってもいいかもしれません。

ま、コレばっかりは慣れですので。
使って使って慣れてしまいましょう。

またノウハウが溜まってきたら書きます。
ワタシ同様早速使っている方は、寺子屋にも情報をお願いします。

さーて。
とりあえず実機転送するための設定欄はどこかいな、と。。。
次世代の開発環境、Xcode4速攻レビュー!

関連する記事:


Advertisement