Verizon iPhone 4ってナニよ?

サルでき.jp > 11.サルにもできるiPhoneアプリの作り方(旧アメブロ記事) > Verizon iPhone 4ってナニよ?

2011/01/12 09:00 投稿先 11.サルにもできるiPhoneアプリの作り方(旧アメブロ記事) 投稿者 カワサキ タカシ

さに対岸の火事。

はい、そういうわけでございましてー。
昨日、画面上を流れるニュースフィードをボーッと見ていたところ。

「Verizon版iPhone発表へ? 発表会は今晩深夜1時から」

なる記事が流れてきました。

( ゚д゚)ポカーン

サッパリ内容はわかりませんでしたが、
とりあえずTwitterに流すだけ流して、寝て、起きてみると。

Verizon iPhone 4ってナニよ?
http://www.apple.com/iphone/notify-me/

アメリカアップルのトップページが差し替わっておりました。

あたふたあたふたと情報を探すこと数分。
毎度おなじみengadgetさんの記事にたどり着きましたので、読んでみることに。

VerizonがCDMA対応iPhone 4を発表しました。Retina DisplayやA4チップ、500万画素カメラといった仕様でおなじみ、あのアップルのiPhone 4です。通信規格の変更と、それに伴って多少のデザインに手が加えられた以外は、従来のiPhone 4とおなじ。ただしVerizonならではのサービスとして、Droidのようにモバイルホットスポットに対応し、5端末まで接続可能なモバイルルーターとして利用できるという特長があります。つまりiPadのネット環境をワイヤレスにiPhoneでまかなえるということ! 一方で、GSMローミングには対応せず、とにかくVerizon 3G(EV-DO)のためのiPhoneという作りです。VerizonのLowell Macadam CEOいわく「消費者は米国でもっとも信頼性の高いネットワークでiPhone 4を利用するという選択肢を得た」。予約受付は2月3日から。発売は2月10日。Apple Storeでも扱います。ビジネスモデルが異なるため日本と直接比較できませんが、価格は16GBモデルが199ドル、32GBモデルが299ドル。AT&Tと同じです。

( ゚д゚)ポカーン

「お父ちゃん、アレはなんて言う星なの?」
「ああ、アレはアイフォーン星と言って機械の身体じゃないと行けない星なんだよ」
「お父ちゃん、ボクはあの星に行けないの?」
「ウチは貧乏だからね、残念だけど機械の身体にはなれないんだ」
「いやだ!ボクもアイフォーン星に行きたい!」
「ワガママ言うんじゃない!お父さんだって行かせてあげたいんだ!」
「ううう」
「でも、機械の身体じゃなくても行ける星はあるんだよ」
「ええっ!それはどこの星!?」

「アイホン星」

「うわぁぁぁ」
こうして鉄郎はメーテルと一緒にアンドロメダ星を目指すことにしましたとさ。

いや、ホントにサッパリわからんですよ。
携帯電話業界は複雑怪奇と言いますが、
この記事読んでサラッと頭に入る人はスゴイと思います。

日本にはとりあえず関係ないということでスルーしてもいいのですが、
タケノコは出たてを狙え、というコトワザもあるとかないとかですから、
ちょっと調べておきましょう。

題しまして、Verizon iPhone4ってナニよ?のコーナー。
ドンドンパフー。

まずはさっきのengadgetさんの記事でわかるところから分解してみましょう。

Retina DisplayやA4チップ、500万画素カメラといった仕様でおなじみ、
あのアップルのiPhone 4です。通信規格の変更と、
それに伴って多少のデザインに手が加えられた以外は、従来のiPhone 4とおなじ。

ボクらのiPhone4のお話のようです。

予約受付は2月3日から。
発売は2月10日。Apple Storeでも扱います。
価格は16GBモデルが199ドル、32GBモデルが299ドル。

はい、ここまではOK。

VerizonがCDMA対応iPhone 4を発表しました。
はい、ストップ。

wiki様~。

Verizonとは
ベライゾン・ワイヤレス(Verizon Wireless)は、アメリカの携帯電話事業者(キャリア)。ニュージャージー州 Basking Ridgeに本社がある。2009年1月に、業界5位のAlltelの買収手続きを完了し、加入者数8370万人となり(2009年1月現在)、名実ともに、US1位の携帯電話事業者となった。

携帯電話会社っスね。
サイズはさらにデカイですけど、日本で言うとドコモ。

CDMAとは
CDMA2000(しーでぃーえむえーにせん)は、Wideband cdmaOneとも呼ばれるFDD-CDMA技術を応用した第三世代携帯電話の通信方式の一つ。ITUのIMT-2000規格では、IMT-MC(Multi Carrier)と呼ばれる。米クアルコムが開発し、主に、日本・北米・南米・韓国・中国・香港などで採用されている。

今回はCDMA2000、つまり、日本で言うとKDDI(au)と同じ規格のiPhone4が出たようです。

ただしVerizonならではのサービスとして、Droidのようにモバイルホットスポットに対応し、
5端末まで接続可能なモバイルルーターとして利用できるという特長があります。

ぐぉぉ全然わからねぇ。

Google様~。

Droidとは
米Verizon Wireless社が提供する新しい『Android』携帯『Droid』を、筆者は発売前の数日間試してみた。非常にすばらしい携帯電話だ。

あ、サービスじゃなくて端末の名前だったのね。。。

つまりiPadのネット環境をワイヤレスにiPhoneでまかなえるということ!
ってことはこんな感じ?

一方で、GSMローミングには対応せず、
とにかくVerizon 3G(EV-DO)のためのiPhoneという作りです。

とにかくって言われてもー。

wiki様~。

GSMとは
GSM (Global System for Mobile Communications) は、FDD-TDMA方式で実現されている第二世代携帯電話 (2G) 規格である。GSMは世界のほとんどの国・地域で使用されているが、日本、大韓民国、北朝鮮では使用されていない。 2008年現在、世界の携帯電話端末市場の82%はGSM方式であり、携帯電話方式の中で最も使われている。世界の212ヵ国で約20億人が利用している。電波の利用効率が悪いことを問わない発展途上国では主流である。

ちょっと古いけど広く使える回線規格には乗らず、

EV-DO(CDMA2000 1xEV-DO)とは
CDMA2000 1xEV-DO Rel.0(Evolution Data Only (Optimized) Release 0/リリース・ゼロ)は、パケット通信に特化して通信速度と電波利用効率を高めたものである。米国クアルコムのHDR(High Data Rate)を基に開発された。 下り1セクタ当たり2.4Mbps/上り1端末当たり153.6kbpsのデータ通信が可能である。

速い規格のみに特化してるよ、ということですね。
iPhone4だし、今更2Gの規格に対応できるかいってことなんでしょうか。

で、まとめてしまうと。

AT&T独占状態だったiPhoneが、Verizonからも出ましたよ。
ということだったわけですね。

いや、最初からそう書いてありましたけど、情報にオマケが多すぎて。

日本で言うところの、
Softbank独占状態だったiPhoneが、
(規模的には)ドコモから、(規格的には)auからも出ましたよ。

っていうニュースだったわけです。

そりゃぁ一大事ですわ。

なんとなーくのイメージで、
「iPhoneってそのままの形でちょいとイジレば他のキャリアからも出せるんじゃないの?」
というかなりお気楽な先入観が我々側にあって、

「いやいや、機械から作り直さないといけないんですよ」
ということでの新作リリース扱いに違和感があるわけですね。

しかも、
「せっかく作り直すんだから、新機能が搭載されるのでは?」
という期待感からメディアが機能レビューをするもんだから、

「何々?何が起こってるの?
見た目一緒のiPhone4だけど、なんか違うの?」
となる、と。

ちなみにじゃぁコレが出たことで日本ではどうなの?ということについて、
GIGAZINEさんがさっそく取材に行っています。
KDDIに「CDMA2000版iPhone 4」の発売予定があるのかどうかを速攻で聞いてみた

残念ながら「現時点では何も決まっておりません」とのこと。
でしょうねぇ。。。

何はともあれ
さらに利用ユーザーが増えることになる今回のVerizon iPhone4。
アメリカ向けのアプリを考えている人には確実に朗報になりそうですね。

詳細記事へのリンクはこちら:
Verizon、CDMA版 iPhone 4 を2月10日に発売(engadgetさん)
VerizonからiPhone 4が発売!(GIZMODEさん)
CDMA2000版iPhone 4発売決定、ついにW-CDMA陣営以外もサポートへ(GIGAZINEさん)
Verizon 版『iPhone』、3G 回線対応で発売へ(Yahooニュース)

関連する記事:


Advertisement