サルできテンプレートその10:完成版ソースファイルダウンロード

サルでき.jp > 11.サルにもできるiPhoneアプリの作り方(旧アメブロ記事) > サルできテンプレートその10:完成版ソースファイルダウンロード

2010/05/04 09:00 投稿先 11.サルにもできるiPhoneアプリの作り方(旧アメブロ記事) 投稿者 カワサキ タカシ

いにやってきましたよ。この日が。

思い立ったのは1月中旬のことでした。
サルできテンプレートその1:開発プロジェクト開始!

放置すること数カ月。
作業に入ってから約1ヶ月。

昨日ようやく、ようやくこの状態まで辿り着きましたよ。
サルできテンプレート:完成版ダウンロード
Waiting For Review = iTunes側のレビュー待ち

そんな言っても軽くリリースできるだろうとタカをくくっていたワタクシ。
最後の最後で自分の甘さに足下をすくわれる形となりました。

全っ然申請まで辿り着けないでやんの。

ダウンロードの前に。
忘れないうちに。

iTunesに申請する際の注意事項を書いておこうかと思います。
では参りましょう。

iTunesに申請する際の流れと注意事項、ハジマリハジマリ。

STEP1 Distributionの証明書を取ってくる

ハイ。最初から意味不明の手順が出ましたよ。
既にアプリを作られている方ならうっすらお気づきかと思いますが。

一体全体、リリース用のアプリってドコに出来上がっているんだろう?
って、思いませんでしたか?

最終的には 配布用の.appファイルを.zipファイルに圧縮して提出しなければならないのですが、
さあ、どこにあるんだそんなファイル。

実は、最初の状態ではそんなファイルドコにもありません。

開発する時と同じように、
配布する場合の証明書をデブ専で取得して、その証明書が入った状態でビルドすると現れます。

STEP2 サポート用のホームページを用意する

配布用のファイルが出来上がれば後は申請するだけ、なのですが。
申請時にいろいろ記入する欄がありまして。

そのひとつがサポート用のホームページのURLだったりします。
ようやくリリースするためのゴールが見えたって時にこの仕打ち。

とりあえずサラッと作りましょう。なるべく手間をかけずに。
私の場合は、自分トコのサーバーにWordPressを1個立ち上げました。

初期設定が楽&将来の拡張に耐えられる。
ってことで、オススメです。

STEP3 大きいアイコンを用意する

うっそーん。
言うといてくれんとー。

みたいになる可能性の高いお題です。
必要サイズが512px x 512px。iTunes表示用のようです。
普通アイコンとしてそんなサイズ用意している人いないだろうっていうサイズです。

私もまんまと用意していませんでしたので、
仕方なく作りなおしました。
アプリの中のアイコンファイルとは連動しませんので、違うものでもOKです。
ウチのサルも微妙に違うものになってしまいました。どっかのタイミングで直そう。

※りぼんさんよりご指摘(ありがとうございます!)
大きいアイコンの話ですが、連動してないんだけど、
極端に異なるデザインだと、はねられるんじゃないかと思います。
単にアプリケーションアイコンをPhotoshopなんかで拡大加工するのはやめてね、
でも、別ものにしちゃ駄目だよ、細部の表現をアップするのがベター、みたいな感じです。

STEP4 小さいアイコンを用意する

おまけでお伝えしておくのがこちら。
アプリの中のアイコンファイルのサイズが57px x 57px以外だと申請時にハネられます。

ええー。
ビルドしたときは大丈夫だったのにー。
という心の声は届きませんでした。最初から57px x 57pxで作っておきましょう。

STEP5 スクリーンショットを用意する

これもiTunes関連ですね。
320px x 480pxのスクリーンショットを5枚まで登録することができますので、
オススメのシーンを撮影しておきましょう。

ちなみに一番上のステータスバーは高さ20pxあります。
画面上ステータスバーが出ている人は、320px x 460pxで撮っておくとよろしいかと。

STEP6 info.plistを編集する

info.plistの中に、
Bundle identifier | com.yourcompany.${PRODUCT_NAME:xxidentifier}
みたいな項目がありますよね。

このcom.yourcompanyの部分をそのままにして申請すると、
静かにハネられます。

開発者を識別するための文字列ですので、好きなものを書いておきましょう。

STEP7 申請時にプライマリー言語を英語にする

これはあちらこちらで良く言われていることなのですが。
iTunesへの申請初っ端に、プライマリー言語を選択してくださいって聞かれます。

まあ日本人だし日本語だよね。と、うっかり日本語を選択すると。
基本言語が日本語になって、全正解のiTunesに日本語で表示されるようになります。

日本 – 日本語。(←修正不要)
アメリカ – 日本語。(←要修正)
カナダ – 日本語。(←要修正)
イギリス – 日本語。(←要修正)

修正するときは、売りたい国の数分個別にローカル言語を入れていくことになります。
これは大変面倒くさい。

そこで、プライマリー言語は英語にしておきましょう。

日本 – 英語。(←要修正)
アメリカ – 英語。(← 修正不要)
カナダ – 英語。(← 修正不要)
イギリス – 英語。(← 修正不要)

ね。手間が減るでしょ。

STEP8 SDKのバージョンを3.2まで下げる(期間限定)

コレが最大の山場でございました。
そう言えば入れましたねー。調子に乗って。若気のイタリー。ボンジョルノ。
SDK4.0betaでは、iTunesに申請できません!

さあ困ったぞと。
今までバージョン下げたことないし。単に3.2を入れれば下がるのかもわからないし。
iPhone0Sは4.0を入れちゃったからもう下げられないし。

でもこのままじゃ絶対にリリースできない。
(info.plistにMinimumOSVersionを入れればOKってグーグル先生は教えてくれたけど、
4.0が原因なのか何なのか申請通らず。わー(ToT )

ポチッとな → インストール

結果から言えば、
3.2をデブ専からそのまま落としてインストールしたら下がりました。

コレにて1件落着。
無事Waiting For Review。

追記:
申請をしようとお考えのみなさま。
私の記事では具体的な画面が無いのでわかりにくいかと思います。
こちらの記事が本当に参考になりますので、ぜひご一読ください。
App Storeでアプリを公開


それではみなさまお待たせいたしました!

サルできテンプレート初版、ダウンロードはこちらです!

サルできテンプレート:完成版ダウンロード
サルできテンプレート1.0

iTunesからはこっち。
http://itunes.apple.com/jp/app/id370899242?mt=8

とりあえず山ほど言い訳はさせていただきたいのですが。
コレは育てていくものだよね!と自分に言い聞かせて公開します。

どうぞ使い倒してみてくださいませ!
ご意見ご感想をバンバン送ってくださいませ!
そしてお知り合いやお知り合いじゃない人にもドンドン紹介してくださいませ!

ニッポンのアプリ開発の底力。
上げていこうじゃないですか!

関連する記事:


Advertisement