Xcodeのかんたん取扱説明書

サルでき.jp > 11.サルにもできるiPhoneアプリの作り方(旧アメブロ記事) > Xcodeのかんたん取扱説明書

2009/08/06 09:00 投稿先 11.サルにもできるiPhoneアプリの作り方(旧アメブロ記事) 投稿者 カワサキ タカシ

て、iPhoneアプリ開発ツール、最初はXcodeを詳しく見てみましょう。

Xcodeは開発を管理するためのツールです。

…管理?

アプリケーション開発、もしくはシステム開発では、
1個のファイルでモノが完成することはまずありません。
(ごく小さいバッチプログラムならあり得ますが)

・プログラムファイル
・画像ファイル
・音声ファイル
・データ用テキストファイル
などなど

様々なファイルを組み合わせて、最終的に1個のアプリケーションの形になります。

それを1個1個決められた場所に置いて、決められた名前を付けて、
コンパイル(合成処理みたいなもの)をする。

そんなことを自力でやるのは、ファイルの数が増えれば増える程大変な作業になります。
そこで、それらを管理するツール、幕の内弁当の容器みたいなものが登場するわけです。

芋はココ
魚はココ
全部調理して所定の位置においたら、ハイ!800円です!

…例えとして成立してますか、これは。

iPhoneの開発では、Xcodeというアプリケーションが担当します。
Xcodeなんちゃら~ではなく、Xcodeです。

アイコンで見ると、青い設計図の前にハンマーが置いてあるアイコンです。
Xcodeのかんたん取扱説明書

このハンマーでアナタの先入観と想像力の限界を破壊します


山田く~ん

まずは画面を見てみましょう。
Xcodeのかんたん取扱説明書-xcode
<クリックで拡大>

味気ないFinderみたいな画面が出てきました。
これがXcodeの基本的な画面構成です。

わかりやすいように4つに色分けしておきました。

1.ツールバー
2.グループとファイル
3.ディテール・ビュー
4.エディタ

この4つです。順に細かく見てみましょう。

1.ツールバー

ツールバー、文字通り「道具が入っているバー」です。

目立つボタンは「ビルドして進行」ですね。
このボタンを押すと今までバラバラだった各ファイル達が、
力を結集してひとつのアプリになります。

大事なボタンです。
だから真ん中にあるんです。

押す時は「へ~んしん!」のかけ声を忘れずに。

左側、現在「Simulator – 2.0 | Debug」と書かれているプルダウンリストは、
アプリをどこで見ますか?という選択リストで、iPhone simulatorや実機を選ぶことが出来ます。

2.グループとファイル

ここが一番管理っぽい部分ですね。
各種ファイルを整理するためのリストです。

・プログラムファイル
・画像ファイル
・プロパティリストファイル
・テキストファイル
・完成したアプリ
などなど

部品は全てこの中に納めます。
無くさないから便利ですね。
グループは必要に応じて足せるので、管理する目的に合わせて設定します。

3.ディテール・ビュー

グループの中のファイルが一覧で表示されます。
ファイルサイズとか、付加情報を一緒に見ることもできます。

まぁ「だから?」というくらいの機能ですので、
エディタが狭くて邪魔ならたたんじゃいましょう。

4.エディタ

エディタ、つまり編集用の高性能メモ帳です。
プログラムの修正を行います。

何が高性能かと言いますと、

× 音声で読み上げてくれる
× 今日の占いとか教えてくれる
× なぐさめてくれる
○ 途中まで書くだけで、残りを補完してくれる

コード自働補完機能付きです。

プログラミングは似たようなコードを書く作業の繰り返しです。
決まった書き方とか、決まった名前があって、それがえらく複雑だったりします。

例えば
FlashのActionScriptで「イベントを監視するリスナーを立ち上げる※」コマンド。
※この段階で意味不明ですが、お気になさらず

stage.addEventListener(Event.ENTER_FRAME ,onEnterFrameHandler);

書いてある内容なんて気にも留めてませんが、
指タコなんで「ああ、呼ばなきゃ」って思ったら無意識にコレを書くわけです。

たまに間違えます。

人間だもの。

そういうときに、コード自働補完機能が役に立つわけです。
stage.add とか打ったら stage.addEventListener と勝手に入る。

機械様々です。

さてさて。
ざっくりXcodeのご説明でした。

プログラムを書いて、ファイルを整理して、変身
アン、ドゥ、トロア。

リズムに乗ってまずこの3ステップを覚えましょう!

次回は見た目を作る道具、Interface Builderのお話です。
Interface Builderのかんたん取扱説明書

関連する記事:


Advertisement