Objective-C入門その2:山の高さを知ろう!

サルでき.jp > 11.サルにもできるiPhoneアプリの作り方(旧アメブロ記事) > Objective-C入門その2:山の高さを知ろう!

2009/08/26 10:00 投稿先 11.サルにもできるiPhoneアプリの作り方(旧アメブロ記事) 投稿者 カワサキ タカシ

ぜ山に登るんだい?そこに山があるからさ。

Objective-C入門2回目は「山の高さを知ろう」というお話です。

みなさんは富士山って登ったことあります?
私は1度だけあります。

標高3,776メートル。
さらっと言ってしまえばこれだけです。皇居1周分(約5km)より短いです。縦ですけど。

軽い気分で登った私は、
「嗚呼、私はここで一生登り続けるのね」
と、朦朧とする意識の底で、何度も考えるハメになりました。

富士登山は計画的に。

ではなく。

前回コメントについてのお話をしてしまったので、
ココから後は常に機械の土俵で修行して行くことになります。
Objective-C入門その1:まずはコメントの書き方から

とりあえず、、、どんなもんなのか、知っておいても損はありますまい。

最初の一歩、のときに触れた「Hello,world!」。覚えていますか?
最初の一歩!「Hello,world!」をダウンロードしよう

コイツを使って、Objective-Cの山の高さを感じてみようじゃありませんか。
Hello,world!が読めないようじゃ、富士山は登れませんぜ。

はい、どん!

Objective-C入門その2:山の高さを知ろう!
<クリックで拡大>

懐かC~。
そうそう、こんな感じでした。

ざっと見て行くわけなんですが、全部は見ません。ご安心を。
Objective-Cの勉強として必要な部分は、反転させてる以下の5つだけです。
しかも今回見るのはこのうち2つだけ。軽いジャブです。

HelloWorldAppDelegate.h [HelloWorld親分ヘッダー]
HelloWorldAppDelegate.m [HelloWorld親分メイン]
MyViewController.h [ビューコントロールヘッダー]
MyViewController.m [ビューコントロールメイン]
main.m [実行メイン]

勝手に名前をつけてますが、気分的なものなのでお気になさらず。
なんとなく「2.5セットあるな」くらいに考えておきましょう。

HelloWorldAppDelegate.h
HelloWorld親分ヘッダー

#import <UIKit/UIKit.h>

@class MyViewController;

@interface HelloWorldAppDelegate : NSObject <UIApplicationDelegate> {

IBOutlet UIWindow *window;
MyViewController *myViewController;
}

@property (nonatomic, retain) UIWindow *window;
@property (nonatomic, retain) MyViewController *myViewController;

@end


…早かったな~。挫折。

いやいやいや。

まずはざっと眺めて思ったことを出しましょう。

・なんだかやたらと「@」が多い
・ちょいちょい「*」が出てくる
・ちょいちょい「UIほにゃらら」が出てくる

こんな感じですか?

じゃ、次

HelloWorldAppDelegate.m
HelloWorld親分メイン

#import “HelloWorldAppDelegate.h”
#import “MyViewController.h”

@implementation HelloWorldAppDelegate

@synthesize window;
@synthesize myViewController;

- (void)applicationDidFinishLaunching:(UIApplication *)application {

// Set up the view controller
MyViewController *aViewController = [[MyViewController alloc] initWithNibName:@”HelloWorld” bundle:[NSBundle mainBundle]];
self.myViewController = aViewController;
[aViewController release];

[[UIApplication sharedApplication] setStatusBarStyle:UIStatusBarStyleBlackOpaque];

// Add the view controller’s view as a subview of the window
UIView *controllersView = [myViewController view];
[window addSubview:controllersView];
[window makeKeyAndVisible];
}

- (void)dealloc {
[myViewController release];
[window release];
[super dealloc];
}

@end

テラカオス。(たぶん今風)

意味不明にも限度ってモンがあるでしょう。アンタ。

とりあえず。

・やっぱり「@」が多い
・今度は「[カッコ]」がたくさんある
・「*」の位置がどーも気持ち悪い
[[UIApplication sharedApplication] setStatusBarStyle:UIStatusBarStyleBlackOpaque];
・たぶんNASAかどっかの暗号

こんな感じ。

この山、高くね?

山が高いことはわかりました。ええわかりましたとも。
でも、次に見る時には、この山が平地に見えるようにしておかなければいけません。

目に付いたところから順番にバラしていきましょう。バラバラにしてやればいいんです。

コレを寝起きでもスラスラ読めるようにすることが、最初の目標です。

関連する記事:


Advertisement