iPhone SDK簡単インストール講座 その2

サルでき.jp > 11.サルにもできるiPhoneアプリの作り方(旧アメブロ記事) > iPhone SDK簡単インストール講座 その2

2009/07/31 09:00 投稿先 11.サルにもできるiPhoneアプリの作り方(旧アメブロ記事) 投稿者 カワサキ タカシ

て、そろそろインストールは終わりましたか?

まだの方は先にこちらをお読みください。
iPhone SDK簡単インストール講座 その1

iPhone SDK簡単インストール講座 その2
無事この画面が出ていれば成功です。
おめでとうございます。もう儲けたも同然ですね。

で、ハタと困るわけです。
「あれ?どこにインストールされたんだ」と。

windowsですと、インストール後のアプリは目立ちたがり屋なのでスタートメニューの中にいます。
macですと、インストール後のアプリは若干控えめで、アプリケーションフォルダの中で待機しています。自分でdockに引きずり出さないと出てきてくれないわけです。

で、いそいそとアプリケーションフォルダを覗くわけですが、
Keynoteの隣にも佐藤君の隣にも山田君の隣にもいません。

あれ?

こんなところにいます。
iPhone SDK簡単インストール講座 その2
Machintosh HD(いわゆるCドラ)直下のDeveloperフォルダの中です。

で、次に困るのが、
「開発に使うツールって。。。どれ?」です。

てっきり「開発ツール」みたいな簡単な名前がついたファイルが落ちてると。

とりあえずApplicationsフォルダを開いて下さい。
多少アイコンっぽいものが見えると思います。
iPhone SDK簡単インストール講座 その2

この中のXcode.appが正解です。
そうそう、ハンマーみたいなアイコンです。
とりあえずdockに引っ張りだしておきましょう。
iPhone SDK簡単インストール講座 その2

クリックすると、こんな画面が出てきます。
iPhone SDK簡単インストール講座 その2

歓迎されているのか、
帰れと言われているのか、
判断に悩む一瞬です。

勇気を出して少し触ってみましょう。

iPhone SDK簡単インストール講座 その2
iPhone Dev Centerが出てきました。
Webで見るのと内容は変わりません。

困ったらいつでもどうぞ、ということでしょうか。

iPhone SDK簡単インストール講座 その2
Xcodeメニュー>ファイル>新規プロジェクト
で、テンプレート選択画面が出てきます。

開発の入り口はきっとここですね。

iPhone SDK簡単インストール講座 その2
上のテンプレート画面で「Navigation-based Application」を選択するとこの画面が出てきます。

よく見るとclassとかframeworkとか、それっぽい言葉が出てきました。
プログラムの管理画面ってところでしょう。

ここで見えている各ファイルを修正していくことにより、
アプリケーションを作っていくわけです。

iPhoneアプリはXcodeだとか、Objective-Cだとか、Cocoa touchだとか、
意味不明な言葉で説明されることが多いのですが、
ここまででひとつだけわかりましたね。

iPhoneアプリを作るのに使うツールはXcode.app

言葉を理解していくと意外と大したこと無かったりします、
それっぽい専門用語に混乱しないことが、特にITとかかわる時の鉄則です。

ひとつひとつこのブログでiPhoneアプリ用語を潰していきましょう。

【おまけ】
上のファイル管理画面で「ビルドして進行」ボタンを押すと、、、

iPhone SDK簡単インストール講座 その2

iPhoneが画面上に!
これがiPhoneSDKのウリのひとつ「iPhoneシミュレータ」です。

ボタンを押すとちゃんと動きます。
SafariとContactsとPhotosとSettingsしかアイコンが無いのでどうやら電話はかけられません。
これでいろいろ遊べテストしろってことですね。

さあ、準備は整いました。
次回から早速作ってみましょう!

…と、いきたいところですが、しばらくはジミーなお勉強です。
基礎トレの量が試合の出来を決めます。

全てはボロ儲けのためです。がんばりましょう。

関連する記事:


Advertisement