サルでき式ブログアクセスアップ方法(その1)

サルでき.jp > 02.使い方 > サルでき式ブログアクセスアップ方法(その1)

2011/06/17 17:21 投稿先 02.使い方 投稿者 カワサキ タカシ

カウントも取れました。
寺子屋にも書き込みができるようになりました。
市場もひととおりイジレるようになりました。

おお。説明不足もだいぶ解消できてきましたよね。ね!

さーて!
盛り上がって行きましょう!

….と、書いてしまいがちなところですが。
現状、肝心な事がガッスリ抜け落ちております。ええ。

あら。お気付きになりません?
それではソロリソロリと。。。

集客のためには何を書けばいいんじゃい。
という根本的な部分の説明がまったくないフリーダムな状況。←NOW

そうなんですわー。
環境だけ用意ができたらそれで万事OKなんて、
だったら今集客で困ってないってーの。
ってことですよねー。ですよねー。

ようござんす。

ワタクシもこう見えて一応。
一応約1,500万人のユーザーが集うブログのメッカ。
アメーバブログの中で一応神の領域と言われる。
デイリーランキング1,000位以内に一応その足跡を残し。
ホリエモンがいなくなった後のエンジニアランキング(一応)では。
1位にいたりいなかったり一応する。しかもたまたま昨日(6月16日付け)1位だったりする。

そんな、
なんちゃってブログマスター。
(↑最近サッパリ更新を怠っておりますので、まったくもって発言に説得力がございません)

教えましょう。教えましょう。
如何にしてブログを使って集客するか。
そのなんちゃってノウハウを!

続く。


……
いやいやいや。

では
初回には初回なりのノウハウをひとつ。
お話させていただきます。


サルでき式アクセスアップ方法その1:
スーパーポジティブシンキング

「ブログでの集客なんてねー。
そんなの手間かかる割に大した結果出ないんじゃないの?」
と、思っている方は結構いらっしゃると思います。

しかも、まだブログを書いたことが無い人より、
実際にやったことがある人のほうがそう思っていることが多い気がします。

何故か。
それはもちろん。
実際にブログの集客はムズカシイから。
です。それに尽きます。

ブログでの集客、
言い換えればインターネットでの集客は、相手がそのまんま「世間」です。

なかなか普段ありませんよねー。世間様を相手にすること。
濁流渦巻く中国にありそうな大きな川に、
棒切れをツッコんで流れを変えようってくらいの行為。

ワタシ的にはこんな感じに捉えています。

そもそも。
多少のことで流れが変わるほうがおかしいんです。
基本的に流されて行って終わり。それが正解。ダメ元もダメ元。
そう思っておいたほうがずっと気分が楽になります。

ただ、
たまたまその棒切れが比較的浅いところにあった岩と岩の隙間に入って、
たまたまテコでも働いて、
しかも棒が折れずに、
岩がゴロッと行ったら、

どうなるでしょう?


たった1日で、2万回弱ブログのどこかのページが表示される。
なんてことになります。
巨大な流れが生まれるわけです。

もちろん、
・岩と岩の隙間を探すマーケティング分析
・テコとなる有名な外部サイトに取り上げてもらう運
・瞬殺で飽きられない(折られない)ためのネタの仕込み
・&世間が動くかどうか

いろいろ手間はかかります。

ですが、
やりさえすれば、それを補って余りあるくらいの結果がでる可能性が出てきます。
やらなければ、当然何も始まりません。

「ウチのブログが、1日2万回見られたらどうしよう」
その妄想、もとい、スーパーポジティブシンキングが、スタートするにあたっての第1歩です。

「アプリ売れるな〜。売れすぎて取材とかきたらどうしよう。トップランナーとか、ソロモン流とか。『いやー正直最初は全然ダメだったんですけどね』こういう感じだよねー。有名になったら会社にしようかな。で、秘書とか雇っちゃったりして。そう。佐々木希似の。『社長、午後の予定はアップル社の営業とのミーティングからです』なんてねー!照れるねー!『ふぅ、仕事ばっかりで疲れるよ』『社長、無理なさらないでくださいね』なんてねー!あはははh(略)」

夢見て行きましょう。
「行ける行ける。アプリ作れるくらいなんだから。オレなら絶対にできる」
その勢いが、超大事。

今日からはじめてみましょう。
流れが変わる景色は想像を超える素晴らしさがありますよ。

関連する記事:

    None Found


Advertisement