storyboardを使ってみよう

サルでき.jp > 97.サルでき本 原稿以前 > storyboardを使ってみよう

2011/12/02 12:24 投稿先 97.サルでき本 原稿以前 投稿者 カワサキ タカシ

機能、登場。

ーiPhoneはどんどん進化を続けている。機械として改良が加えられているというだけではなく、基板となるOS(オペレーションシステム)、搭載されているアプリ、そして、アプリを開発するための開発環境も、日々進化を続けているのだー

珍しく、真面目に書き出してみた。が、この先が思い浮かばない。人間分相応が望ましいということであろうか。それはともかく。もしアナタがiPhoneユーザーだったら、iPhoneというシロモノは、とにかくバージョンアップが多いということに少々うんざりしているのではないだろうか。ちょいちょいソフトウェアアップデートのニュースが流れてくるし、そもそも一年くらいで機種自体がリニューアルされてしまう。これは、なにもユーザー寄りのことだけではない。困ったことに、開発関連の各種ツールもどんどんアップデートが行われているのである。

その最たる例が、Xcodeである。えーと、そいつは開発環境ですぜ。変えていいものと変えちゃいけないものがあるでしょーよ。そんな叫びはクパチーノ(アップル本社)には届かない。「じゃあ、こっちで更新をスルーすればいいんじゃない?」、賢明なアナタはそう思ったことだろう。WindowsXPなんて、今でも使っている人がいるのだ。ゴーイングマイウェイで行こうじゃないか。そんなアナタの儚い願いは、海の向こうからバッサリ断ち切られることになる。

アップルという会社は、「最新版が常に正しい」という姿勢を、おそらく世界中のどの会社よりも強く打ち出している会社である。彼らは過去を振り返ったりしない。最新版と、一世代前のモノがあったとして、最新版に追加した機能が、一世代前のモノでは使えなかったとする。普通はどうするか。一世代前のモノを残すのである。そりゃーそうでしょう。高いお金払って買ったんだから。捨てるなんてできるわけがない。ところが、アップルの考え方は違う。「最新版を買え」、こうなのだ。

彼らの考え方は、極めてシンプルである。過去の資産を引きずらないことで、余計なコストをかけず、その減らしたコストで、「最新版を安く提供する」のである。だから、アップルの商品は、コストパフォーマンスが異常に良い。iPodなんて、最新版が、前の世代よりも安く市場に出てきたりする。乗り換えろ、というメッセージなのだ。

同様に、開発者に対しても、常に「最新版を使え」という無言のプレッシャーがかかっている。最新版のXcodeが出ると同時に、前の世代のXcodeはデベロッパーセンターの目立つところから消えてしまうのだ(よーく探せばリンクは残っていることもある)。ワタシは人柱として、発表当日に最新版のXcodeを実験導入したりしているが、上手く行く行かないに関わらず、読者の方々はすぐに後に続く。みなさんわかっているのだ。「覚悟の量」が決まるだけで、「導入しない」という選択肢は最初から無いということを。

そんなこんなで、iOS5になったタイミングで、Xcodeにひとつの改良が加えられた。それがこのstoryboardである。storyboard、日本語にすると、絵コンテのことである。ぼんやーりとイメージが湧くだろうか。言葉通り、画面をイヂるためのツールである。

もともとXcodeには、InterfaceBuilder(インターフェースビルダー)なる、画面を直接イヂるためのツールがあった。なーんだ、散々脅しやがって、画面を直接イヂることもできるんじゃねーか、というクレームが聞こえてきそうだが、このツール。いろいろ欠点があって、なんだかんだ開発をしていくと、どこかで必ずプログラミングしないといけなくなる、単なる「開発効率化ツール」なのだ。初心者さんがルンルンでコレを使って、途中でプログラミングに引き戻されたときの「裏切られた感」。ワタシは、こちらのクレームのほうがコワイので、今まで一切使用を推奨してこなかった。

ところが、新しく出たstoryboardというツール。InterfaceBuilderの延長線上にあるツールなのだが。コレが結構役に立つシロモノになっていた。バタンバタンでやったトランジションとか、こっちで作ったほうが超簡単だったりして。スルーするにスルー出来なくなってしまったのである。そんなわけで、ここではXcodeの新機能、storyboardについて、ご紹介&ワタシのオススメの使い方について説明する。


※この記事は今度出す本の下書きの下書きです。
※全ボツになることもありますので、番外編としてお楽しみください。

【業務連絡】
storyboardの画面が続きます。

関連する記事:


Advertisement