Game Centerと連携しよう

サルでき.jp > 97.サルでき本 原稿以前 > Game Centerと連携しよう

2011/12/08 00:07 投稿先 97.サルでき本 原稿以前 投稿者 カワサキ タカシ

務所にUFOキャッチャーを入れるのが目標である。(弊社代表談)

ゲームセンター、行ってますか。ワタシは、大人になってからゲーセンに行くようになった。学生時代は金がなかった、というのももちろんあったのだが、対戦ゲームでボコボコに負けた腹いせに、「わざわざゲーセンで金を使う人間の気が知れねぇ」とか、そういうことを友達に言っちゃって、行きたくても行けなくなる。負けず嫌い&ガラスのハート、そういう可哀想な少年だったのだ。今はもっぱらUFOキャッチャーをやっている。のんびりと操作して、取れても取れなくても、そのドキドキを楽しむ。平和そのもの。ワタシは大人になったのだよ、カワサキ少年。

iOSにGame Centerと呼ばれる機能が追加されたのは、iOS4のときだった。それまで自分一人で遊んでいたゲームが、世界中の人と競い合えるようになるらしい。そんな噂を聞いたときに、ワタシは思った。「また余計な機能を作りやがって…」、と。

少年時代のイヤな思い出を引きずってか、ワタシはオンラインゲームが大の苦手である。ワタシのイメージの世界の中では、哀れなワタシのキャラクターが、他のプレイヤーにボコボコにされている姿しか想像できないのだ。おまけにこちらは相手の顔が見えない。負けたら負けっぱなしである。まるでパソコンにはじめて触った少年のように、「ネットの世界は怖いらしいからなぁ…」と、巨大コミュニティの(一応)管理人であるハズのワタシは思っているのである。完璧に矛盾しているのは自覚しているのだが、苦手意識とはそういうモノらしい。

iPhone上のGame Centerは、オンラインゲームの機能をiPhoneに付与してくれるモノらしいのだが、今回はそこまでの内容は取り扱わない。単純に作るのが激ムズだからなのだが、この際ワタシが苦手だから、と思っていただいて構わない。争いの火種を後世に残すわけにはいかないのだ。ワタシは平和に行きますぜ。ということで、ここではGame Centerの平和な機能、Leaderboardについてご紹介しよう。

Leaderboardとは、その名のとおりリーダー、つまり、もっともそのゲームの点数が高い人を表示するための機能である。「点数を競っとるやないかい」、と言われたら元も子も無いのだが、頑張ったご褒美みたいなものだ、とここでは考えよう。自分のiPhoneの中で遊んで、結果だけを競う、この手の物に極端に打たれ弱いワタシにはベストな楽しみ方である。

このLeaderboard、設定はiTunes Connectから行う。そう、他の人の点数が見える、という機能を考えたときに、自分のiPhoneに世界中の人がアクセスされたら、とんでもなく大変な状況になりそうな、そんな予感がしないだろうか。その予感は正解である。その大変な状況を回避するために、自分のiPhoneの中にある「点数」という値を、みんなのiPhoneからアクセスできる場所(サーバー)に一旦送信して、それを世界中の人が見に来るような仕組みがないといけない。その仕組は、アップルが事前に用意していて、我々は設定をiTunes Connectから行う、という流れになっている。おっと、急に睡魔が。後で画面を使って説明するので、今は「ふーん」と先に進もう。

iTunes Connectの設定さえ出来てしまえば、後はアプリ側から点数を送信する機能を追加するだけで、Leaderboardが動く。動く、と言うより、動いてしまう。「あれ?これだけ?」と、アナタも思うはずだ。データベースがどうこう、とか。セキュリティがどうこう、とか。いかにもムズカシそうなその辺の作業はすべてアップル側でやってくれるので、あっという間に終わってしまうのである。素晴らしいぞ、Game Center。早速アナタのアプリにも、Leaderboardを取り付けてみよう。

最後になるが、アナタのアプリのLeaderboardに、ワタシらしき名前が表示されていても、くれぐれもそっとしておいて欲しい。打たれ弱いオジサンからのお願いである。


※この記事は今度出す本の下書きの下書きです。
※全ボツになることもありますので、番外編としてお楽しみください。

【業務連絡】
Game Centerの画面が続きます。

関連する記事:


Advertisement