【サルできBOOKS】なにもない 入荷しました!

サルでき.jp > 22.サルできBOOKS > 【サルできBOOKS】なにもない 入荷しました!

2012/02/08 09:00 投稿先 22.サルできBOOKS 投稿者 カワサキ タカシ

この1冊!!
なにもない


本の紹介
なにもない
エイズ風俗嬢ブログ『なにもない』は、
現在閉鎖されており存在してません。

当人は2007年9月2日に亡くなられたとのことです。

この話の真偽については
既に当該ブログが閉鎖されており 確認できません。

しかしながら 多くに人に深い感銘を与えた
彼女の遺した言葉の数々を

綴ったアプリが登場しました。


著者とアプリ
アプリ名: なにもない
Created by: Katsuhiro Hayashi
価格: 無料
iTunes: http://itunes.apple.com/jp/app/nanimonai/id497327248?mt=8
メッセージ: 以下内容が率直な感想になります。
・sABViewer では 画像表示の 階層設定の有無、
ページ数の設定 等 Xcode 初心者でも無理なくいじれました(^^)。

・sABViewer にて 慌てて、画像ファイル名を
p1_1.jpg → p1_2.jpg → p1_3.jpg → p1_4.jpg
↑としてしまい(階層設定:無し) 混乱してしまいました(^^)
↓正しくは こうなるのだと 10分程して理解できました。
p1_1.jpg → p2_1.jpg → p3_1.jpg → p4_1.jpg

※以下内容は批判ではありません。最新のXcode 4.2.1と手順が違っていたので その報告となります。
最新のXcode と同手順に改定すれば「・「サルにもできるiPhone同人誌の創り方」」は
もっともっと素晴らしい書籍になると思います。
iPhoneアプリ初心者向けの日本一の書籍になると思います。

・「サルにもできるiPhone同人誌の創り方」
P89以降からの 構成「Release」→複製「Distribution」
そして P90:手順4 メニューからビルド

ここから大きくつまずきました。

iOS Dev Center でも最新のXcode 手順をまだ掲載してないので、
サルでき本に記載あるiOS Dev Centerに直接電話しました。
折り返しの電話は 完全English Only(^^;
汗かきまくり 久々の英語対応で緊張しまくりでした、
結局 こちらの質問には キャプチャーをメールしてくれの一点張りで
(私の英語能力の低さからだと思いますが)
キャプチャ画像を 翻訳サイトを駆使して メールで問合せしました。

すぐに返事はこないので Google 検索しまくり、
このサイトにこちらの求めていた回答がありました。

iOS Dev Center 上に掲載されていない手順は
・Xcode にて
Menu → Build ×
Product→ Archive ○

よって こちらで必死に探していた
Zip 圧縮用 <プロジェクト名>.app ファイルは見つからなくても問題ありませんでした。
また zip 圧縮ファイル公開の為のツールは 最新のMac 内に探せばありますが、
サルでき本:P97 Application Loader は 最新Xcode では 全く使用せず、
最新 Xcode にビルトインされている Organizer を利用することが理解できました。

Amazon にて iPhoneアプリ 初心者 入門 などで検索して 何冊か購入しましたが、
最新Xcode にはどれも対応していなく、
それでもサルでき本が 全体的な 内容評価として 一番役立ったと実感しました。

審査から公開にかかった時間ですが、
Your app status is Waiting For Upload: 1/23
Your app status is Waiting For Review: 1/24
Your app status is In Review: 2/1
Your app status is Processing for App Store: 2/1
Your app status is Ready for Sale: 2/1
でした。

また ここで
サルでき本:P96 「主言語 英語にしておこう」と ありますが、
こうすると リリース後に変更できず Fixされてしまい
公開される Apple Storeは「US」になってしまいました。

また アプリ名称も 日本語への変更も 同様にFixされてしまい、
現在 当方のアプリ「nanimonai」は主言語:Japaneseにて、Apple Store Japan での申請中です(^^)
(Apple Store にMetadata→Keywords 設定も Ready for Sale 後にはFix(変更不能)となってしまうことも理解できました)

iOS Dev Centerの方 (日本国内の方でした)にはメールで自己解決した旨連絡し、
また iOS Dev Center HPについても 最新のXcode の手順に改定してほしい旨要望として送っておきました。
iOS Dev Centerからのメールでの回答は 数日後でした。

審査が無事通りリリースできて本当にうれしかったです。
「これで もう 何も思い残すことはない、、、、」(笑)
と 思ったのもつかの間、今はまた sABViewer を利用しての続編(有料.英語圏向け)を毎日制作中です(^^)♪

結局 Objective-C の勉強は基本の基本をかじっただけで、
後は sABViewerに埋め込む為のコンテンツ制作をPhotoshop や Fireworks などを駆使しておこなっています。

もっと Objective-C やXcode の勉強をしたいのですが、
早く iPhone iPad用 アプリをリリースしたい、プログラム不慣れな私にとって
sABViewer との出会いは 大袈裟かもしれませんが、まさに運命の出会いでした。

Apple Storeに公開して 世界が少しづつ 変わっていきました。

iOS Dev Center ログインして
iTunes Connect から毎日のダウンロード数を確認するのが楽しみになりました。
(ちなみに 初日は 英語圏で 日本語アプリにも関わらず
USA:2 China:2 とダウンロードされており、とてもビックリしました)

「サルにもできるiPhone同人誌の創り方」に出会えなければとても ここまでできませんでした。

「サルにもできるiPhone同人誌の創り方」に出会い、
私自身の人生は 大きく変わろうとしています。

また Objective-C にしても Xcode にしても
とても奥深い世界なので、少しづつ これからも努力していこうと思います。

こんな私でもできた!。。 その喜びを忘れず、
その小さな積み重ねを これからも継続していこうと思います。


管理人の一言
カワサキタカシ
なんて言いますか…胸に刺さります。
…いや、私の感想はともかく、
ぜひお読みいただければと思います。

内容のお話はとりあえず置いておいて、
Hayashiさん、メッセージありがとうございました!
手探りからよくぞリリースまで。本当におつかれさまでした。

サルでき本とsABViewerが、
Hayashiさんの創作活動のお手伝いができたことがとっても嬉しいです。
最新化につきましては、飛鳥新社さん含めて実現の方向を探っていきますね。

Hayashiさん、リリースおめでとうございます。
これからも素晴らしい作品を創っていってくださいね!

関連する記事:


Advertisement