サルでき.jpのゴールとお願い

サルでき.jp > 01.ごあいさつ > サルでき.jpのゴールとお願い

2011/07/12 14:40 投稿先 01.ごあいさつ 投稿者 カワサキ タカシ

達100人できました!

はい!そういうわけでございまして。
サルでき.jp、開設から約1ヶ月半で
登録者数が100人を超えました!
いやっほーい!

フラッフラと作っては壊しを繰り返すダメ管理人に、
いつも付き合ってくださるみなさま、本当に感謝です。
このサイトがみなさまのアプリ作りのお役に立てるよう、ガンバっていく所存でございます。

で。ですよ。

ここでサルでき.jpのロードマップを考えてみることにしました。
100人乗りのバスの運転手が「気分で走らせている」という状況は、
少々危なっかしいモノでございますし。

このサイト、
信じて付いていくとどういう目に遭うのか。
ということを、順を追って説明させていただきますね。

STEP1
まずは現在みなさまに行っていただいている、アカウント登録ですね。
サルできストなるけったいな肩書きを無理やり付けられて、サルでき.jpにデビューします。

この段階で寺子屋(質問掲示板)が使えるようになりますので、
アプリを作っていて困ったときに、助かる確立が数パーセント〜数十パーセント上昇します。

STEP1
次に、アカウント登録を行った方のみに用意されている、ブログ作成ですね。
広い公園にブルーシートを広げ、アプリの市場を開設する。そんなイメージ。

アプリ作りをするといずれどこかにホームページを構えないといけませんし、
それなら開発屋さんが集まっているサルできを間借りした方がなにかと便利。
サルでき.jpは全ブログをリンクでつないでいますので、
個人でホームページをポツンと作るより、総力戦での集客が期待できます。

はい。
ここまでは今までどこかしらで説明してきたお話です。
ここからが、今回考えたことになります。心臓叩いて、ゴー!

STEP1
Webの小金稼ぎと言えばGoogle AdSenseを代表とする広告課金です。
よくありますね。記事の下とか、サイドバーとかに。記事に関連する広告が出てること。

いつのタイミングになるかは決めていないのですが、
サルでき.jpの全ブログに広告を表示させる予定です。

あまり邪魔にはならない程度のサイズにする予定ですので、
ご理解いただけると幸いです。よろしくお願いします。

とはいえ。実際のところ。
広告だけで運用資金を貯めるには凄まじいPVが必要になるものでして。
正直今のサルでき.jpでは総力を上げてもからっきしです。

「広告表示してもたかが知れているなら、無いほうが喜ばれるのでは、、、」
とも思ったのですが、ココ(広告)を押さえておくことにしました。
その先にやりたいことが2つあるからです。

STEP1
やりたいこと1つ目。
これはそのまんまですね。サルでき.jpの基盤強化です。

もっと各ブログでいろいろできるよう機能を入れていきたいですし、
外観(テーマ)もバリエーションを増やしていきたいと思っています。

さらに。
人数がもっと増えて、多くの方が利用する仕組みになったら、
サルでき.jpの運用者を増やしたいと思っています。

イメージで言うと、
学生さんのインターンです。

IT業界も就職厳しいご時世ですからね〜。
「サルでき.jpの運用管理とアプリ開発現場で修行してきました」
とか、胸を張って言えるような仕組みになれればかなりイイですよね。
ウチ(株式会社MaiWay)は法人ですので、仕事があれば実現可能なプランですし。

STEP1
やりたいこと2つ目。
こっちは一気に難易度が上がりますが、資金面まで含めた開発支援です。
小難しい横文字で言うと、インキュベーションなんて言います。

アプリを使った新しいサービスを考えている人って結構いると思うんですよ。
ワタシよく相談受けますし。
で、アプリを作りたい人も沢山いるんですね。サルできなんてまさに巣窟です。

でも、その金がねぇ。
はい、図星の人挙手〜。はーい。

ワタシは(も)そうです。
やりたいことは無数にあるのですが、資金集めの手順を考えると作る前にやること多すぎ。
挑戦できるタイミングはなかなか巡ってきません。

その資金をサルでき.jpで作ろうじゃないの、と。
で、スポンサーとして口(アドバイス・叱咤激励)も出そうじゃないの、と。

Q: この規模のサイトで広告収入で資金ができますか?
A: 規模の拡大を狙います&アプリの場合資金はそれほど多く必要になりません

現実的なハードルは山ほどありますが、

大勢のサルできストさんが市場で自分のアプリをPRしまくることで、
PVが上がって広告がクリックされやすくなり、
結果、挑戦をしたい人のサポート資金になる。

このミラクルフローは実現できたら最高だと思います。

STEP1
で、ミラクルフローをミラクルループにするための前提事項が、
レベニューシェア、つまり、利益の折半です。

創り出された新サービスや新アプリでの利益の一部を、
サルでき.jpの貯金箱に返していただきます。

当然狙うは倍返しです。
儲かりすぎて困る。くらいになって、次の人へのチャンスをグンと広げてください。


いかがですか?

寝言は寝てYeah!!
そんな正論は笑顔でスルーです。
やってみなきゃわかりませんし変わりませんぜ。

ただ、少なくとも今のサルでき.jpでは白昼夢のプランです。

実現に向けた数値目標
・サルできスト数: 1,000人
・市場数: 300市場
・1日あたりのPV: 20,000PV

現在の10倍想定。途方もない数字ですね。

アプリ作りに興味のある方がいらっしゃいましたら、
ぜひお誘い合わせの上アカウント登録をしてみてくださいね。

ワタシも、アプリ作りと並行してブログ本編がんばりまーす!

関連する記事:


Advertisement